当園からのお知らせ

おたより

2009年6月

 12月に入り、朝夕の冷え込みに冬を感じるようになりました。今年は暖かい日が続いたせい か、例年よりも園庭の木々の葉が落ちるのが遅く、まだまだ落ち葉清掃が必要な様相ですが、赤や 黄色に染まった木の葉が北風に舞い散る中で、子どもたちは元気いっぱいに園庭を走り回っていま す。 今月2日、3日はおゆうぎ会が開催されました。今年も昨年同様、各クラスごとに入れ替える形で の開催となりました。本番では今までの表現遊びの集大成としての成果を十分発揮 し、伸び伸びと演技してくれました。今回のお遊戯会の開催に際し、11月中旬に行われたおゆうぎ会ボランティアでは、多くの保護者の方々にご協力いただき ました。ありがとうございました。 おゆうぎ会の後も年末ならではの行事が予定されています。慌ただしさが増すこの時期ですが、 気持ちにゆとりを持ち、また、感染症の流行する季節でもあるので、体調の管理にも十分注意して、 残り1か月足らずを子どもたちと元気に楽しく過ごしていきたいと思います。

おしらせ

   

  • 令和3年度 第5回 親子のびのび体験クラスのご案内

    日時:12月7日(火)
    受付 第1グループ 9:15~9:30
    活動        9:30~10:15
    受付 第2グループ 10:45~11:00
             11:00~11:45
    内容 クリスマス会
    ★今年度より申し込みはメールのみとなります。
     令和2年度に登録されていた方も、令和3年度で再度登録をお願いします。
     メール登録をする場合は、お手数ですが園までお越しください。
  • 令和4年度 わくわく教室(未就園児週1回教室) 募集のご案内

    日 時:令和4年4月より保育開始 
    場 所:楠エンゼル幼稚園 東園舎2階
    募集人数:13名
    わくわく教室は水曜コースのみの募集をしておりましたが
    定員と達したため木曜コースの募集を開始しました。
    今回の募集は令和5年度年少組への入園受付の優先枠
    対象となります。なお次年度のわくわく教室はぱんだ組(満3歳時クラス)
    との併願の受付はできなくなります。詳細については、こちらをご覧ください。

    お問い合わせは、わくわく教室担任また職員室の教諭まで
    ご連絡をお願いします 。

  • 令和4年度 ぱんだ組(満3歳児単独クラス) 入室願書受付のご案内

    令和4年度 ぱんだ組の募集を令和3年9月7日より開始しております。
    詳細については、こちらをご覧ください。

  • 施設見学について
    10月1日現在栃木県は、まん延防止等重点措置が発令されており園舎内の
    園関係者以外の方の立ち入りを制限しております。ついては、
    見学をご希望の方は直接園まで電話にてお問い合わせください。
    動画配信などにより園内を詳細にご案内することができます。
    2号3号認定希望の方も同様に対応させていただきます。
  • お知らせ
    満3歳児クラス(独立クラス)の入室の基準は、誕生日からと
    なっております。
    これは私立幼稚園を管轄する栃木県保健福祉部こども政策課が
    定めるものであり、これより前に満3歳児クラスへの入室される
    ことは認められておりません。
    週4日以上、週20時間以上の保育を誕生日前から満3歳児クラス
    として行っているところは幼稚園ではなく、無認可保育施設となります。
    詳しいことは、当園若しくは栃木県保健福祉部こども政策課までご相談ください。

写真集

園内行事の写真をご覧になるには、下のバナーをクリックしていただき、IDとパスワードを入力して専用ページに入場してください。

楠エンゼル幼稚園 写真集

 

求人について

 

学校法人小野瀬学園では、楠エンゼル幼稚園とにこにこ保育園と学童保育クラブが併設されております。
それぞれ、事業ごとに求人を行っております。
 こちらのHPには、楠エンゼル幼稚園のみの令和3年度の求人票を掲載いたしますので
 是非参考にして頂ければと思います。

 

編集後記

2009年4月

 10月から急激な感染者数の減少が起きしばらく続いている。このまま収束してくれればよいのだが専門家会議においても急激な現象の根拠が分からないという。お隣韓国ではワクチンの接種率が日本とほぼ変わらないのに現在急激な感染者数となっている。感染者数を十分に抑えなてない状況で様々な制限を解除したの原因と言われているが今後日本においても本当難しい判断だと思う。
当幼稚園では、文科省のガイドラインに沿って、そして近隣の小学校の対応を十分に参考にしながら感染対策を講じてきた。幼稚園においても満3歳児から常時マスクをしながらの生活はできるものであり、激しい運動をする際はマスクを外すなど対応をしている。
あまり慎重になりすぎて子ども達から多くの経験を奪うことは絶対してはならないと思うし、今後の状況をよく見極めながら残された年度の行事を実施していきたい。保護者の皆様にも、引き続きご理解とご協力のほど、お願いしたいと思う。

写真集