当園からのお知らせ

おたより

2009年6月

 GWがあった5月もそろそろ終わり近づいています。今月は年長さんの親子遠足が雨天により秋に延期されました。GW明けからの新型コロナウィルスの感染者数も爆発的な増加もなく21日には無事に春の運動会を実施することができました。昨年までの各家庭1名だった保護者の観覧も2名になったことにより親子競技も大変盛り上がり保護者の皆様も大いに楽しめたことと思われます。年長児親子の綱引きでは、大変な盛り上がりを見せ、他の学年も含め運動会が戻ってきたという実感をすることができました。さて、まもなく梅雨の季節となってきます。そんな中でもお誕生会や保育参観・保護者一日体験など園児たちの様子を見られる行事が予定されています。感染対策には引き続きご協力を得ながら実施しますので楽しみにしていてください。

おしらせ

   

  • 施設見学について

    令和4年4月より施設見学の受け入れを再開しました。
    施設案内は、園児たちの活動が始まる10:30頃から園長自ら
    ご案内をさせて頂いております。
    ご希望の方は事前の予約が必要ですのでお電話にてご連絡を
    お願いします。
  • 令和4年度 わくわく教室(未就園児週1回教室) 募集のご案内

    日 時:令和4年4月より保育開始 
    場 所:楠エンゼル幼稚園 東園舎1階
    募集人数:13名
    わくわく教室は水曜コースと木曜コース同時に開室しました。
    その後両方の教室を開室しながら募集を行っています。
    今回の募集は令和5年度年少組への入園受付の優先枠
    対象となります。なお次年度のわくわく教室はぱんだ組(満3歳時クラス)
    との併願の受付はできなくなります。詳細については、こちらをご覧ください。

    お問い合わせは、わくわく教室担任また職員室の教諭まで
    ご連絡をお願いします 。

  • 令和4年度 ぱんだ組(満3歳児単独クラス) 入室願書受付のご案内

    令和4年度 ぱんだ組の募集を令和3年9月7日より開始しております。
    詳細については、こちらをご覧ください。

  • 令和4年度 第1回 親子のびのび体験クラスのご案内
    日時:6月7日(火)
    受 付 10:00~10:20
    活 動 10:20~11:45
    内 容 おもちゃを作って遊ぼう
    持ち物 親子共にかかとのある上履き、靴を入れる袋、水筒、手拭きタオル
        クレヨン、はさみ、のり、親子で座れるくらいのレジャーシート
        作ったおもちゃを持ち帰る袋
    ※令和4年度よりコロナ前の内容に限りなく戻して引続きコロナ感染対策を講じながら実施します。
    ★今年度より申し込みはメールのみとなります。
     令和3年度に登録されていた方も、令和4年度で再度登録をお願いします。
     メール登録をする場合は、お手数ですが園までお越しください。
  • お知らせ
    満3歳児クラス(独立クラス)の入室の基準は、誕生日からと
    なっております。
    これは私立幼稚園を管轄する栃木県保健福祉部こども政策課が
    定めるものであり、これより前に満3歳児クラスへの入室される
    ことは認められておりません。
    週4日以上、週20時間以上の保育を誕生日前から満3歳児クラス
    として行っているところは幼稚園ではなく、無認可保育施設となります。
    詳しいことは、当園若しくは栃木県保健福祉部こども政策課までご相談ください。

写真集

園内行事の写真をご覧になるには、下のバナーをクリックしていただき、IDとパスワードを入力して専用ページに入場してください。

楠エンゼル幼稚園 写真集

 

求人について

 

学校法人小野瀬学園では、楠エンゼル幼稚園とにこにこ保育園と学童保育クラブが併設されております。
それぞれ、事業ごとに求人を行っております。
 こちらのHPには、楠エンゼル幼稚園のみの令和3年度の求人票を掲載いたしますので
 是非参考にして頂ければと思います。

 

編集後記

2009年4月

 4月も半分が過ぎた。桜の開花もあっという間に過ぎて春から夏を思わせるようなお天気もあったりと身体がついていけない。やたらと眠気を訴える人が多いのではないだろうか。

さて、令和4年度の新年度がスタートした。今年度は昨年度以上にコロナ前に限りなく近づけながら行事や保育を実施しようと考えている。それは、大人たちの3回目のワクチン接種が8月くらいにはかなり割合で終了することを見込んでいるからだ。その一方で、幼児たちや小学生へのワクチン接種は保護者としても副作用を考えるとなかなか決断ができないところだろう。幼稚園や小学校でも子ども達の感染者数は爆発的には増えないがある一定の割合での感染者数はずっと続いている。withコロナと言われても子どもが感染すると保護者の方々の仕事も影響もあり中々厄介なことです。そんな中でも子どもファーストで幼稚園は運営していくので何卒ご理解とご協力をお願いしたい。

写真集