当園からのお知らせ

おたより

2009年6月

 日によって気温の差が大きく、体調管理に気を遣った5月だったと思います。連休明けには少し疲れた様子を見せていた子ども達も連休後3週間が過ぎ今は毎日大きな歌声を響かせたり、園庭を走り回るなど元気な姿を見せてくれています。22日に行われた春の運動会がその一つの証だと思います。ぐずついた天気の影響で思うように練習ができなかったにもかかわらず、楽しそうに体操をしたり、一生懸命に走ったりする姿をご覧になり子ども達の日ごろの活動の様子と成長を保護者の皆様は十分に感じ取っていただけたと思います。言うまでもないことですが、そのような姿に私たちもたくさんの元気をいただきました。当日は、小雨模様の肌寒い陽気にもかかわらず、またコロナ禍の影響で入場できる人数を制限するという制約がある中で、多くの保護者の皆様にご来園いただき、子ども達へのあたたかい応援ありがとうございました。今後も園では衛生面とお子さんの体調管理に十分に気を付けながら保育活動を実施していきますのでご家庭におきましても引続きご協力の程よろしくお願い致します。

おしらせ

   

  • 令和3年度 第3回 親子のびのび体験クラスのご案内

    日時:7月13日(火)
    受付:第1グループ 9:30~9:45
       第2グループ 11:00~11:15
    活動:第1グループ 9:45~10:30
       第2グループ 11:15~12:00
    持ち物:親子共のかかとのある上履き・靴を入れる袋・水筒
        手拭きタオル・クレヨン・ハサミ・のり・親子で座れるレジャーシート
    登録料:300円(新規)/100円(継続)
    ★今年度より申し込みはメールのみとなります。
     令和2年度に登録されていた方も、令和3年度で再度登録をお願いします。
     メール登録をする場合は、お手数ですが園までお越しください。
  • 令和3年度 ぱんだ組(満3歳児単独クラス) 入室願書受付のご案内

    令和3年度 ぱんだ組は4月より開室しており
    すでにぱんだ1組は定員になっているため
    ぱんだ2 組は、6月よりの開室なります。
    入室は月齢順となりますので何卒ご了承ください。

  • 令和3年度 わくわく教室(未就園児週1回教室) 入室願書受付のご案内

    日 時:令和3年4月より開室 
    場 所:楠エンゼル幼稚園 東園舎2階
    わくわく教室は水・木・金曜の3コースを募集しております

    お問い合わせは、わくわく教室担任までお願い致します 。

  • お知らせ
    満3歳児クラス(独立クラス)の入室の基準は、誕生日からと
    なっております。
    これは私立幼稚園を管轄する栃木県保健福祉部こども政策課が
    定めるものであり、これより前に満3歳児クラスへの入室される
    ことは認められておりません。
    週4日以上、週20時間以上の保育を誕生日前から満3歳児クラス
    として行っているところは幼稚園ではなく、無認可保育施設となります。
    詳しいことは、当園若しくは栃木県保健福祉部こども政策課までご相談ください。

写真集

園内行事の写真をご覧になるには、下のバナーをクリックしていただき、IDとパスワードを入力して専用ページに入場してください。

楠エンゼル幼稚園 写真集

 

求人について

 

学校法人小野瀬学園では、楠エンゼル幼稚園とにこにこ保育園と学童保育クラブが併設されております。
それぞれ、事業ごとに求人を行っております。
 こちらのHPには、楠エンゼル幼稚園のみの令和3年度の求人票を掲載いたしますので
 是非参考にして頂ければと思います。

 

編集後記

2009年4月

 この令和2年度を振り返るコロナ禍一色で様々なことに我慢を強いられた年度だったと思う。世界的なパンデミックとなり誰もが生まれて初めての
経験で不安と共に過ごしたことでしょう。そんな中で世界においては暴動や集会など生活に関することの補償求めるものが起きた。此処日本でも生活の保障を求める動きはあったがデモや集会までは起きなかった。必死に耐えているというのがこの長年日本人の血に流れていることなのかもしれない。そのことが爆発的な感染拡大の防止につながったと思う。緊急事態宣言が未だに解除されていない一都三県。このコロナ禍の収束にはまだしばらくの年数がかかるであろうと専門家会議からの見解があった。インフルエンザのような感染ウィルスに早くなってほしいものだ。幼稚園や学校の行事が縮小や中止になったのもやむを得ない判断だったが次年度はコロナ禍二年目として感染防止対策を十分に練りながら少しでも子ども達の成長に必要な様々な経験をさせてあげたいと考えている。

写真集